So-net無料ブログ作成

ニチブツ麻雀基板の音声サンプリングについて [麻雀]

2000年のメールにて。

アーケード版のバニラシンドロームの音源はYM3812なのに、 ドラムがサンプリングじゃないんですね。

え?!そうなんですか・・・。
なぜなんでしょうね?

アッ!音声の生録の容量が多い場合、サンプリングの、
ドラム音は、カットになる場合が有りましたが・・。それかなぁ・・。

容量は音声データの個数ではなくて、1個の長さが問題になります。
0.9秒イッパイまで使うと、それだけ容量がごっそり減ります。
あと、効果音でもサンプリング使ってる可能性もあります。

ウチのフォーマットは、周波数7.9Kで
1個につき、最大0.9秒までの取り込みです。

-----

ちなみにこの時期になりますと、
この会社もぼちぼちヤバいかも。。。とか、
DVD麻雀の新基板(オールPCM音源になるはずだった)の開発が難航しているとか、
あまり景気の良くない会話が増えてきていました。

新基板の開発は外注と伺った記憶が。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。