So-net無料ブログ作成

PC98で脱衣麻雀の音声を再生できるようになった時の話 [麻雀]

2000年。

PC98使いである吉田さんが興味を持っていたこともあり、
『サウンドツール大全集 PC-98でここまでできるっ!』(インプレス刊)
という本をプレゼントしました。

アーケード用麻雀ゲームの音声を、
FM音源サウンド開発ツールのSMC-777(相当古く、ヘタってきていた)ではなく、
PC98で再生できたらなぁ……という思いがあったようなのです。

-----

(本に載っていた)PCM.EXEを実験しました。
なんと、うまく行きました!!

麻雀の音声、キレイに98で再生されます。

うひゃー!ありがたや!!
これで、仕事に活用出来ます。

ほんとありがとうございました!
助かりましたぁ!!

90万円請求はないですよね?!
(上記注:多分ジョークで、お代は90万円になりますとかやっていたのでしょう。笑)

今まで、SMC上でしか聴けなかったPCMデータを、
98上で聴けるので、たいへん便利になりました。

ワイルド・カードが使えるのも1度に聴けるので嬉しいです。
現在は、SMCで取り込んで、98でまとめて、ファイル化して、
ROMライターでROMを焼いています。

過去のデータで使えそうなのも、これで、
イチイチ、SMCに行かなくても98で聴けます。

波形の音量調整、表示等のツールは作りましたので、
98上で簡単な編集等も出来ますし、その上、
聴けるようになったメリットは、計り知れないですね。

後は、3812のエミュレータ?シミュレーター?
(まあ、どっちでもいいか・・)<よく知らないんですな。
があれば、SMCから、手を切れますが(笑)。

-----

SMC-777を使ったニチブツオリジナルのサウンド開発ツールについては、後日ご紹介する機会があると思います。これは、かなりすごいツールですよ。まさかこんな仕組みになっていたとは!という。
……と初出時は書いていたのですが、『シューティングゲームサイド Vol.10』にて詳しく触れましたので、まずはそちらをご覧いただければ幸いです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。